熊本の探偵なら西日本リサーチ > クローバー探偵通信 > 慰謝料の請求を浮気相手にするには

慰謝料の請求を浮気相手にするには

投稿日:2019/08/27

配偶者が浮気・不倫をしても、浮気相手に対して慰謝料請求が必ず出来る訳ではありません。慰謝料を請求できる場合とできない場合の違いをご説明します。

浮気・不倫相手に慰謝料を請求するためには、浮気・不倫相手に故意もしくは過失があること、不貞行為によって、権利の侵害を受けたことが当てはまらないといけません。

〇故意・過失が認められる場合
既婚者であることを知りながら肉体関係を持った場合。
既婚者と浮気・不倫をしていると気が付く状況であるにも関わらず、把握していなかった時

〇故意・過失が認められない場合
お互いの素性をまったく知らず、既婚者であることに気付く余地のないまま肉体関係を持った時や、配偶者が浮気相手に強姦・脅迫などで無理やり肉体関係を持っていた場合です。

☆権利の侵害が認められる場合
浮気・不倫相手の不貞行為により、それ以前は円満だった夫婦関係が悪化し、離婚したの原因になった場合。
もしくは、浮気相手と配偶者で肉体関係はなかったが、夫婦関係が破綻するほどの親密な交際をしていた。

☆権利の侵害が認められない場合
婚姻関係が破綻していたと認められてしまった場合。
多いのは夫婦が別居していると判断される可能性が高い。

浮気・不倫相手に慰謝料を請求できない場合
①すでに十分な慰謝料を受け取っている場合
これは例えば浮気をした配偶者から慰謝料を貰っていたときに、それが十分な金額と認められたら浮気相手に慰謝料を請求することはできません。
②時効が成立した場合
慰謝料請求には時効があり、不貞行為の事実および浮気・不倫相手を知った時点から3年を過ぎると慰謝料の請求ができなくなります。
浮気・不倫を知ってから長期間経っている場合には、時効が完成していることもあります。このように浮気相手に慰謝料請求するには条件があります。
*******************************************************
ご相談は「西日本リサーチ」までご連絡下さい。
熊本市中央区南熊本5丁目10番28号 1階
0120-252-444
http://aidadesign.biz
********************************************************

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

探偵調査なら西日本リサーチへ。
まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

西日本リサーチへ。まずは無料相談を

ご相談はこちら

西日本リサーチグループ
熊本 本店 熊本市中央区南熊本5丁目10番28-102号
代表TEL フリーダイヤル 0120-252-444
代表Email soudan119@eagle-eye.co.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料

熊本本店西日本リサーチ㈱加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会会員2122 西日本リサーチ
一般社団法人九州調査業協会設立理事 西日本リサーチ(株)代表取締役 松本国隆

電話相談室 探偵調査に関するご相談は下記までお気軽にどうぞ。

  • 熊本市東区 御領
    096-389-7730
  • 熊本市西区 上熊本
    096-356-4444
  • 熊本市中央区 新市街
    0120-252-444
  • 八代
    0965-35-5552
  • 熊本市南区 江越
    096-278-8377
  • 山鹿
    0968-43-0021
  • 天草
    0964-54-1088
  • 大津
    096-294-8733
  • クローバー探偵
    0120-854-968

熊本の「西日本リサーチ」は歴史ある探偵社です。コストを最小限に抑え長年培った調査力にて確実に証拠を撮ります。浮気調査のご用命は熊本の西日本リサーチへ